クロス工事 Cross

クロスの種類と特徴

ビニールクロスは比較的安価で、耐久性や清掃性も高く、色やデザインが豊富なことも魅力です。最近は、輸入品を中心に紙製のクロス(壁紙)にこだわる人もいます。国産の商品バリエーションも増え、以前に比べて選びやすくなってきています。それぞれの特徴は下記を参考にしてみてください。

■ビニールクロス
ビニールクロスは、色やデザインが豊富で掃除もしやすい(水拭きができる)のが大きな特徴です。最近はさまざまな機能を持たせている商品も多く、使用する部屋にあわせて選ぶことができます。ビニールクロスは、塩化ビニール樹脂などを主な素材とするビニールシートに紙などを裏打ちしたものです。また、表面加工の方法によっても分類することができ、たとえば、表面に凸凹のあるエンボス加工や発泡させたもの、プリントを施したものなど多種多様です。価格のバリエーションも豊富なので、予算に合わせて選ぶことができます。

■紙クロス
紙クロスは、欧米で多く用いられています。パルプが原料の洋紙を原紙に、プリント加工やエンボス加工したものです。紙は音を吸収し、空気を通す素材であり、また最近は、環境や健康への配慮がなされているとして、注目されている素材です。国産のビニールクロスに比べ外国製の紙クロスは一般的に薄く、下地処理を充分に行わないと下地の不陸や目地が出てしまうこともあるので注意が必要です。また、紙クロスの場合、表面の耐水性に違いがあり、水拭きができるものとできないものがあるので、前もって確認することを忘れずしてください。(メーカーによってはマークでランクを示している商品もあります。)

■織物クロス
織物クロスには、平織りや綾織、不織布などがあり、温かみのあるテクスチャーや高級感、重厚感が魅力だと思います。照明光によって、ゆったりと寛げる雰囲気も演出できるので、ベッドルームなどの壁材として取り入れるお客様もいます。ただしホコリを吸着しやすいので、お手入れははたきをかけるか、掃除機でホコリを吸い取り、基本的に水拭き等はしない方がいいでしょう。

■その他
薄くカットした天然木やコルクなどを紙と張り合わせたもの、メタリックなクロスや聚楽壁紙、珪藻土壁紙などの無機質系のクロスもあります。個性的な空間づくりをしたい場合に検討してみてはどうでしょうか。

このようにクロスといっても素材は様々です。特に最近はメーカー各社の開発により新しい素材も多くでてきているので、見ただけではその素材を判断するのは難しくなっています。個々の商品の特徴やお手入れ方法などは個別に確認するようにしてください。

 
ページ最上部へ